人身事故を起こした時

人身事故を思いがけず起こしてしまうことがあります。
もちろん事故を起こさないようにしているという方がほとんどですが、事故はどうしても発生してしまうことがあります。
日本では、年間人身事故による被害者が一定数以上います。


そこで知っておきたいのが「もし人身事故を起こしてしまったときの対応について」です。
緊急マニュアルとして、どのようにすれば良いのかまとめておくと、万が一の時は役立つので、しっかりとメモにまとめておきましょう。
メモをまとめたら、財布や車のダッシュボードの中に入れておくと、万が一の時に役立ちます。


先ず人身事故を起こしてしまったときは、被害者の身体に支障がないか調べましょう。
何も問題が無い場合でも、示談は絶対に行わず警察を呼ぶことが必要となります。
警察を呼ぶというのは、被害者を守るためでもありますし、加害者を守るためでもあります。


中には、被害者という立場を利用して多額の示談金を要求してくる被害者もいる可能性があります。
もちろん法律で禁止されているので、加害者が罪を認めることは必要ですが、警察に仲介してもらうことを忘れずに行いましょう。


万が一被害者が動かない場合や重症の場合は救急車を呼びましょう。
近くの建物やその土地の住所を知らせる情報を持って、即時対応してもらうようにしましょう。
その後に警察を呼んで事情聴取と言う形となります。
このサイトは、人身事故を起こした時の緊急マニュアルとしてご利用下さい。


<推薦リンク>
人身事故、物損事故などの交通事故を起こしてしまった場合、法律家に無料で相談出来るサイトです・・・交通事故 相談

Copyright © 2014 人身事故を起こした時、緊急マニュアル All Rights Reserved.